お仕置きの「痛み」と「熱さ」の疑似体験について - しりはた
FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置きの「痛み」と「熱さ」の疑似体験について

雑記
09 /18 2016
お仕置きを受けたことがないので、お仕置きの痛みがわからない。体験談を読んでも、その痛みの描写がどんなものなのか実感がわかない。お尻ペンペンやビンタをはじめとする「体罰」は激減し経験者も少なくなっていますから、そういう人は意外と多いのではないでしょうか。それではせっかくの体験談がもったいないので、日常誰もが経験する痛みと比べてみることで、お仕置きの痛みに苦しむ子供の気持ちに近づくことはできないものかな、と考えてみました。




・「我慢」する痛み、「泣いてしまう」痛み
 大前提として、子供は体に受ける痛みを、それがお仕置きであるかないかにかかわらず、同じように皮膚の痛点を通して感じ、泣いたり我慢したりします。ということは、お仕置きの経験がない人でも、自分が子供の頃に痛くて泣いた時、あるいは痛みを我慢した時の気持ちを思い出して、体験談に書かれているお仕置きの痛みの程度を推し量ることが可能なのです。
 個人的に、普通のお仕置きの痛みは、転んで膝小僧をすりむいた時の痛み、くらいなんじゃないのかな、と感じます。低学年の子なら男子も女子も泣く子は多いだろうし、中学生にもなって転んだだけで泣く子は少ないでしょう。でもひどくすりむいたら(つまり、厳しくお尻を叩かれたら)中学生でも涙がこぼれてしまうかも、といった風に、膝小僧を擦りむく痛みをお仕置きの痛みのサンプルとすると、わりと自然な感じで想像が捗るのではないかと思われます。

・「面」と「線」のお道具の痛み
 子供の日常風景から、厳しいお道具を使ったお尻ペンペンを追体験できる「痛み」を探してみることにします。まずは、ドッジボール。小学校の時、ドッジボールで顔にボールがあたって痛い思いをした人は多いと思います。へたり込んで泣きじゃくる子もよくいました。バチーン!とものすごい音がしたり。これ、お尻ペンペンに例えると重量のある平らなゴム面が裸の肌に炸裂した痛みなんですよね。固い素材でできているために、力いっぱいお尻を打ってもお道具がお尻のカーブにあわせて変形せず、お尻の肉が変形してその衝撃を受け止める、そういったタイプの「面」でお尻を懲らしめるお道具の疑似体験。素材をゴムに限定するなら、卓球のラケット、あるいはプラスチックのヘラで力一杯打たれた時の痛み。敷衍して木のパドル、ヘアブラシ、靴べら、定規、などなど。顔に比べてお尻は鈍感なので単純に比較はできませんが、バチーン!と肌を打たれる痛みの一端は理解できるのではないかと思います。ドッジボールで顔面にあたってへたりこんでしまう子がいたら、試合は一時中断されて、大丈夫?などと友達が寄り添いその子が落ち着くのを待ったりしますが、たとえ子どもが泣きじゃくっても止まらないのがお尻ペンペンであります。顔にボールがあたって泣いてる子供の頬に繰り返しビンタを繰り返す、みたいな。うーん、お仕置きって、厳しい。
 そしてもうひとつ、お道具の痛みの疑似体験で忘れてはいけないのが、なわとび。なわとびで遊んでいて、ふとした弾みでバチ!と太ももや腕にロープがあたる経験をされた方は多いのでは。大人でもわりと悶絶する痛みだと思いますし、小学生の頃は遊んでいて自分で当ててしまって泣いてる子は珍しくなかったのではないでしょうか。気温が低く、肌が敏感になっている冬の体育の授業に際して当たってしまった場合には、もう……。当った跡にみみず腫れが残るのも、とてもお仕置きチックです。この類の痛みは、いわゆる、しなって肌に食い込む素材でできた「鞭」の痛みです。ベルト、ストラップ、コード類を用いた「線」で懲らしめる鞭の痛みですね。

・熱いお尻の感覚
 体験談では、しこたま打たれたお尻が熱い、まるで焼かれているようだ、などの表現が多く見受けられます。イラストでも、お尻から湯気が出ているなどの効果を使って、この現象が表現されていることがよくあります。打撃を受けた部分の皮膚は血行が良くなりますし、さらに厳しいお仕置きの場合は、ダメージを受けた皮膚の回復のために血液が集まり、お尻の不快感は高まりますから、お仕置き描写に熱を帯びたお尻は欠かせないものです。しかし、これもまた、お尻が熱を持つまで叩かれた経験をもたない人にとっては、実感が湧きづらい表現です。
 疑似体験としては、お風呂にかなり熱めのお湯を入れ、腕とかお尻でも良いですが入れてみる。ギリギリ我慢できない熱さの温度に設定したお湯がベストと思います。腕を少し入れ、引き出すと、皮膚がかなり赤くなっているのが見てとれます。なにより血管が脈打ち、ジン、ジンとしびれるような感覚があります。この熱さと不快感。お仕置きされて真赤に腫れあがったお尻の感覚を、少しは再現できているのではないでしょうか。

・お灸の感覚
 お灸、特に昔の体験談に出てくるお灸は、台紙等を用いず、火で肌を直接焼くお仕置きです。あくまでも原理的にはタバコの火を用いる根性焼きとまったく同じものです。肌を焼いた炎は時に黒いかさぶたと水ぶくれを伴い、かさぶたが取れた後には時には一生ものの、白いヤケド跡が残ります。途轍もなく熱く、痛い。そう頭で理解はしていても、根性焼きの経験がある人は少数派でしょうし、なかなかその熱さが感覚的に理解できない人は多いのではないでしょうか。実は自分もその1人だったりします。
 しかし、日常生活を送る中で唯一火に触れあうことのできる場所があります。そう、台所のコンロ周りです。たとえば……鍋の蓋を素手で掴んで慌てて手を離したり、揚げ物の油が飛んで跳ねて反射的に腕を引っ込めたりした経験は誰にでもあると思います。この熱さが一瞬ではなく数秒から数十秒連続して続くと考えると、お灸の痛みの程度が理解できるのではないでしょうか。お湯が沸騰した鍋の蓋を掴み続ける。揚げ物している鍋の真上に手をかざし続ける。大人でも耐えられる人はそうそういないでしょう。そして、鍋のつまみや湯気やはねる油などは言ってみれば火が持つ熱の伝導体に過ぎず、それに対してお灸は火で直に素肌を焼くお仕置きですから、想像を絶する熱さと痛みを子供はお尻で感じるのは間違いありません。
 折角ですからお尻で体感できそうなシチュエーションをもうひとつ。真夏の午後、照りつける太陽の下でジリジリ焼けている車のボンネット。そこに裸のお尻で腰かけてみる。すこぶる熱いしともすると火傷するのは間違いないでしょう。それでもお尻の皮膚が黒く変色する、なんて事態にはまずならないはずです。加えて、お仕置きの際には、子供の小さな身体が大人に抑えつけられることにより(それも、艾を定位置に保ち肌を最後まで焼くために!)、反射神経による身体の暴れすらも許されません。子どもの精神的な負担は計り知れないものでしょう。時に大の大人が泣いてしまうレベルの痛みを、お灸のお仕置きを受ける子供は感じている。書いていて、一生ものの跡が残るお仕置きは、やはり凄惨なものだなという印象を新たにしました。お灸のお仕置きばかりは、日常で比較できる痛みで理解することはなかなかできるものではないかもわかりません。

・「お尻がもげそう」な痛み
 厳しいお仕置きの体験談で、「お尻がもげそう」などの表現がみられることがあります。「お尻がどうかなってしまうんじゃないかと思った」もその亜種でしょうか。もげそうと書いてあっても、お尻がもげたことがある人はたぶんいないので、なかなか実感がわかない。この感覚の疑似体験には、例えば指をドアに挟んでしまった場合を思い出してみるといいかもしれません。まず、指は「ちぎれてしまいそうなほど」猛烈に痛い。その上でその感覚の背後に、ありえないとわかっていながらも、指がもげてしまっていたらどうしよう、という恐怖がある気がしませんか。特定部位に過大な打撃が与えられると、痛みに加えて、そこがどうかなってしまっているのではないか、と多大な不安を感じるものです。お尻をしこたま叩かれた子供も、同じ思いを感じているはずで、それが体験談の表現につながっているのかなと。「我慢できない痛み」「もう許してと思った」、などの表現もわりと近い感覚から生まれたものかもしれません。頭で「痛い」と思考できる範疇を超えた痛みを体験した時に出てくる表現、といった感じでしょうか。




 とりとめのない記事になってしまいましたけれど、この「疑似体験」の肝は「子供の頃に体験していた痛み」から類推しているところにあります(書いているうちに、大人になってからでもできる体験と混ざってしまいましたが)。なぜ「子供の頃に体験していた痛み」が肝かというと、大人と子供では痛みに対する耐性がまったく異なるためです。平手でお尻十発、大人なら笑って耐えられますが、就学前の幼児であれば大泣きです。セルフスパンキングとはまた異なる方向から、昔の「子供だった自分」の感覚を思い出しながら体験談を読みふけり、お仕置きを追体験する。秋の夜長、それもまた一興ではないでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

iwayuru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。