FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻ペンペンごっこ

翻訳
06 /21 2017
http://thehandprints.com/hpBestOfVoy2.html

上記ウェブページでは、お仕置き体験を扱うネット掲示板からよりすぐりの投稿をアーカイブされています。すべてが/fの体験談となっています。気が向いた時に、その中から適当に一編選んで訳していこうと思います。今日訳したのは「お尻ペンペンごっこ」の体験談です。そこはかとなく甘美ですね。

----------

小さい頃、私と近所の友達のアンナは、それぞれの家で自分が両親から受けたお仕置きを再現する遊びをしていました。そっくりそのまま再現するのがその遊びのルールだったので、強さは加減はありましたが、しっかり痛みを感じる程度の強さで、同じ数だけ相手のむきだしのお尻を叩くことになっていました。同じブロックに住んでいる友達を二人加えて、「お母さんとおてんばな子」のゲームをすることもありました。私達はお母さん役とおてんば役をかわるがわる演じました。そのゲームをするときはたいていお尻はむきだしと決まっていましたが、たまに下着をはいたままのときもありました。私達は四人とも女の子で、6歳から11歳ぐらいまではその遊びで楽しんだと思います。私はそのゲームがとても好きで、それに一番のおてんばでもあったので、その遊びではいつもお尻を叩かれていたものでした。
スポンサーサイト
[PR]

お仕置きマニュアル

翻訳
06 /18 2017
とある海外掲示板(現在は閉鎖中)で紹介されていた体罰マニュアル(A Handbook of CP)を訳してみました。

作者についてはよくわかりません(自分でマニュアルの最後のほうに書いていますが、住んでる国では有名人のようです)。アメリカ南部のバイブルベルトと呼ばれる地域ではいまだに体罰が合法とされていますが、そうした地域の保守主義な人が書いたのかなという印象です。とはいえ、もはや絶滅危惧種となっている、お尻叩きを擁護する側のテキストとしてよくまとまっているので訳してみました。

マニュアルは、議論精度の粗密が激しくなかなか突っ込み所の多いテキストになっています。作者が力点を置いているのは、科学的に正しいお仕置き道具の選び方らしく、「皮膚レベルにのみ痕の残るお仕置きでなくてはお仕置きは安全ではない」と言えば済むことを長々と論証してくれています。ただしその過程でお尻叩きの赤みや痛みのメカニズムも説明してくれてるのでまあいいか。安全なお仕置きについて述べているのかと思ったら同じ論拠から「電気コードや乗馬鞭」の使用をおおまじめに推奨してるところはなかなか見ものです。それってどんなに気をつけて打っても内部にダメージいくのでは……

このマニュアルに書かれたことを現実に実行すると、虐待として通報されますので絶対にやめてください。


続きを読む

EP翻訳

翻訳
06 /18 2017
ご無沙汰しています。更新が滞りすぎてブログのパスワードを忘れていました……いかんいかん。

本日は、海外の巨大SNSサイトのひとつであったExperience Projectに投稿された体験談のひとつを訳しました。
Experience Projectは「体験」を元につながることができるのが売りのSNSでした。先日休止状態に入ることが発表され、現在ほとんどの体験談が閲覧できない状態になっています。お仕置き体験談も豊富だっただけに休止はすごく残念なのですが、めぼしいログはとってあるのでこれから散発的に訳していきたいと考えています。

今日訳してみたのは、アメリカ東部の農村地帯の二世代に渡る厳しいお仕置きについて女性が振り返っている短い体験談です。

 

続きを読む

母の鎖

小説
12 /09 2016
短編を更新。
間接的な表現ですが、虐待描写がありますのでご注意ください。
F/? (平手)、F/f(回想)

続きを読む

姉のお尻、自分のお尻

小説
12 /01 2016
ひとつ前の投稿と同じ設定でもう一編書きました。
お尻の痛みを伝えるシートが発売されているすこし先の未来。今回は、少しきびしめ。

F/f(お道具)、F/?(平手)です。

続きを読む

iwayuru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。